モデルハウスのご案内 太陽光発電 お客様の声

余った電気は「売る」

イメージ図

ご家庭で使用する電気を賄えるのはもちろん、ご家庭で余った電気は「売る」ことができます。
太陽光発電システムは、文字通り太陽の光を使って電気をつくるシステム。
発電できない夜間や雨・曇りなど発電量が少ない時は、従来通り電力会社から電気を「買う」のですが、逆に日中で発電量が多い時は、余った分の電気を「売る」ことができるのです。
右のイメージ図の、色の部分が「売れる」部分になります。

発電量から予測すると1年間で約10万円の電気代を節約

ご一般的な住宅で4人家族の場合、太陽光発電システムで平均7割の電気代を賄えるといわれていますから、電力会社から「買う」電気は約3割でOK。
またソーラーフロンティアの太陽光発電システムの予測発電量から換算すると4.25kWのシステムを設置した場合、1年間で101,087円の電気料金が節約できると予想されます。

※売電により、さらなる経済効果が見込めます。
出典:(財)省エネルギーセンターのデータ(一般家庭における平均的な使用電力(5,500kWh))を基にソーラーフロンティアにて試算。

森林で換算すると約4,135m2の広さと同様の効果

地球温暖化の原因のひとつに挙げられるCO2。太陽光発電システムは、どれだけ発電してもCO2を排出することはありません。例えば4.25kWの太陽光発電システムで得られる1年間の発電量を二酸化炭素削減量に換算すると、4,135m2の森林面積と同じ。わかりやすく言えば縦64m、横64mという広大な森林と同じ効果があると言えます。

イメージ図

新世代技術 CIS太陽電池

銅・インジウム・セレンを使用するCIS太陽電池は、従来の結晶シリコン系太陽電池と違う技術で作られます。ソーラーフロンティアは次代を担う新しい技術で世界をリードしています。

省エネ、資産元での製造

CIS太陽電池は、その精製に多量の電気を使うシリコンを使用しません。加えて、製造工程がシンプルで、一貫生産が可能であり、製造時に使用するエネルギーが少ないことが特長です。製造時に投入されるエネルギー量を太陽電池自身の発電量で回収する期間を表すEPT(エネルギー・ペイバック・タイム)においても、他の方式と比べ短くなっています。またCIS太陽電池の発電層の厚さは、2〜3μmと、シリコン系の約1/100。原材料の使用量が少なく、省資源です。

グラフ

CIS太陽光モジュールは、さまざまな形状の屋根に設置することが可能です。

※太陽電池モジュール上に積もった雪は、設置条件や気温・雪の状態などの環境条件により、落雪しやすくなる可能性があります。
落雪の可能性がある場合は、雪止めの設置や落雪スペース(セーフティゾーン)の確保などの適切な対策を行ってください。

切妻屋根

co_jp_img_resi_sysdesign_01.jpg
3.60kWシステム

co_jp_img_resi_sysdesign_02.jpg
4.05kWシステム

寄棟屋根

co_jp_img_resi_sysdesign_03.jpg
2.125kWシステム

co_jp_img_resi_sysdesign_04.jpg
9.18kWシステム

co_jp_img_resi_sysdesign_05.jpg
2.125kWシステム

co_jp_img_resi_sysdesign_06.jpg
9.18kWシステム

入母屋屋根

co_jp_img_resi_sysdesign_07.jpg
3.20kWシステム

陸屋根

co_jp_img_resi_sysdesign_08.jpg
4.80kWシステム